昌浩と彰子、無邪気な夢の行方は? 書き下ろしを含むファン必読の短編集!

少年陰陽師 夢見ていられる頃を過ぎ

時は平安。15歳の昌浩はもっくん、勾陣と共に播磨に残り、神祓衆のもとで修行中。その頃彰子は過去の自分と訣別し、藤花として生きる決心をしていた-。昌浩の修行時代など、書き下ろしを含むファン必読の短編集!

定価
本体 560円 +税
発売日
ISBN(JAN)
9784041013113

購入はこちらから

  • アマゾンで購入する
  • カドカワストアで購入する
  • BOOK WALKERで購入する

応援メッセージ

応援メッセージはこちらのページに掲載される場合がございます。個人情報については記入しないよう、ご注意ください。
※応援メッセージは投稿してからすぐには反映されません。

ニックネーム 必須

ニックネームを入力してください。

タイトル

タイトルを入力してください。

タイトルに不適切な言葉が含まれています。

コメント必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

パスワード必須
コメントを削除したい場合に必要になります

パスワードを入力してください。

パスワードは半角小文字英数字で入力してください。

Cookie

シリーズ既刊

  • 少年陰陽師 現代編・遠の眠りのみな目覚め

    少年陰陽師 現代編・遠の眠りのみな目覚め

  • 少年陰陽師 おどみの殿でこころざせ

    少年陰陽師 おどみの殿でこころざせ

  • 少年陰陽師 現代編・近くば寄って目にも見よ

    少年陰陽師 現代編・近くば寄って目にも見よ

  • 少年陰陽師 けがれの汀で恋い慕え

    少年陰陽師 けがれの汀で恋い慕え