ついに、黄泉への扉が開かれる――? <道敷編>完結!

少年陰陽師 かたしろの翅を繰り紡げ

昌浩たちの目の前に現れた智鋪の祭司。その姿は亡くなったはずの比古の従兄、真鉄だった。動揺し攻撃の手が止まってしまう比古をよそに、刻一刻と黄泉への扉が開かれようとしていて――? <道敷編>完結巻!

定価
本体 560円 +税
発売日
ISBN(JAN)
9784041030202

購入はこちらから

  • アマゾンで購入する
  • カドカワストアで購入する
  • BOOK WALKERで購入する

応援メッセージ

応援メッセージはこちらのページに掲載される場合がございます。個人情報については記入しないよう、ご注意ください。
※応援メッセージは投稿してからすぐには反映されません。
※入力完了後は入力内容の更新はできません。

ニックネーム 必須

ニックネームを入力してください。

タイトル 必須

タイトルを入力してください。

タイトルに不適切な言葉が含まれています。

コメント 必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

シリーズ既刊

  • 少年陰陽師 まじなう柱に忍び侘べ

    少年陰陽師 まじなう柱に忍び侘べ

  • 少年陰陽師 現代編・遠の眠りのみな目覚め

    少年陰陽師 現代編・遠の眠りのみな目覚め

  • 少年陰陽師 おどみの殿でこころざせ

    少年陰陽師 おどみの殿でこころざせ

  • 少年陰陽師 現代編・近くば寄って目にも見よ

    少年陰陽師 現代編・近くば寄って目にも見よ