「わたしはあの嘘つきの意地悪が好き」刀火への恋心を自覚した千樹だが!?

封鬼花伝 春を恋う咲きそめの乙女

一之御子・刀火のため、成る絵を操る絵師となる決心をした千樹だが、彼から宮入の儀を無期延期にすると言われ、曉宮を追い出されてしまう。そこへ「わたしと浮気をして頂きたい」と二之御子・綾峰が迎えにきて!?

定価
本体 560円 +税
発売日
ISBN(JAN)
9784041013786

購入はこちらから

  • アマゾンで購入する
  • カドカワストアで購入する
  • BOOK WALKERで購入する

応援メッセージ

応援メッセージはこちらのページに掲載される場合がございます。個人情報については記入しないよう、ご注意ください。
※応援メッセージは投稿してからすぐには反映されません。
※入力完了後は入力内容の更新はできません。

ニックネーム 必須

ニックネームを入力してください。

タイトル 必須

タイトルを入力してください。

タイトルに不適切な言葉が含まれています。

コメント 必須

コメントを入力してください。

コメントに不適切な言葉が含まれています

シリーズ既刊

  • 封鬼花伝 光綾なす千花の夢

    封鬼花伝 光綾なす千花の夢

  • 封鬼花伝 飛花薫るうたかたの口づけ

    封鬼花伝 飛花薫るうたかたの口づけ

  • 封鬼花伝 雪花に輝く仮初めの姫

    封鬼花伝 雪花に輝く仮初めの姫

  • 封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師

    封鬼花伝 暁に咲く燐の絵師